So-net無料ブログ作成
検索選択

フェブラリーS、小倉大賞典の回顧

フェブラリーSは予想よりもペースが速くなりました。
だからか中団から後方の馬が上位に来てます。

モーニンは全然ダメでした。

ニシケンモノノフは思っていたよりも
見せ場がありましたね。

この馬はだいぶ強いのでは?

次走はさすがに人気しそうなので馬券的には
考えなくてはいけないですが、
どこかで狙えそうです。

小倉大賞典では

上りがかかる馬場に変化していたんですかね
ペースもだいぶ早くなっていて
レース質がだいぶ変わっていったように感じました。

実際に小倉大賞典でもかなりのハイペース
上りも36秒以上かかってます

そんな展開で逃げ勝った
マルターズアポジーは福島記念でもわかるように
こういうレースが得意なんでしょうね

馬場とペースがかみ合ったということでしょう。

ロードヴァンドールは4着が悔しい結果です。

ペースは速かったもののかかる馬場は
むしろいいと思うのですが
直線粘ってはいたけどちょっと足りなかったです。

外枠が響いたか?

フェブラリーS、小倉大賞典の穴馬

18日の土曜は確変が起きました。

10回勝負して5回当たりました。

確率50%

ただ、それでもプラスが1万弱というしょぼさ

馬券の買い方が下手すぎるのがわかりました。
もっと考えなくてはいけないですね。

日曜は今年最初のG1のフェブラリーS

せっかく確変突入中なので
勝手な予想をします。

ただ人気どころで決まりそうな感じがする。

その中でしっかり馬券内に来そうなのが

モーニン

ある程度前に行けて上りも出るしコースも得意
あまりペースが速くなさそうなので

ほぼ来なそうだけど気になるのが
ニシケンモノノフ

上りが出ないから結局差されると思うけど
前走の根岸Sでは先行組では再先着の5着
後ろをかなり離して逃げられればちょっとぐらいは
見せ場を作れるかも

小倉大賞典

こっちのほうが荒れそうで楽しみ

ロードヴァンドール

条件クラスを抜けたばかりだけど
それにしても人気がない。

3歳時は重賞で好走できなかったが
それ以外では堅実に走る。

小回りもこなせるしそれなりに上りもでる。
小倉の馬場は上りが34秒前半出るか
前に行って粘るかの馬が来る傾向にあるので
馬場にも合ってるはず。

楽に好位で追走できれば馬券内はきてもおかしくない。
でもコロッと負ける感じがするから1着は
難しいかも。










2か月休んでわかったこと

2か月ぶりにブログを書いています。

去年はどうも精神的に一杯一杯だったようで
冷静な競馬の予想ができていませんでした。

正月休みにだいぶゆっくり過ごし

今年に入ってからブログを書かないで
マイペースで予想をするようになったら
徐々に調子が上がってきました。

そして、先週
単勝11番人気の複勝を2回的中できました。

だいぶ冷静に予想ができてきている感覚があります。

去年は70万くらい負けました。

今年はとりあえずはプラスで
終われるようにしていきたいです。

どうも予想の仕方として人気のない
穴馬を探すようにしているんですが、

去年は無理やり探していたように思います。

それでうまくいかなかったので
今年はあまりやる気を出さずに予想をしていると

その日の馬場傾向にあった馬などが見つかったりしました。

それらから考えるとどうやら競馬は
自分から当たりを捕まえに行くとうまくいかなくて
当たりが引っかかるのを待つほうがいいらしいと

罠を仕掛けて獲物がかかるのを待つスタンスがいいらしい

つまりその地形(その日の馬場傾向)に合う
罠を仕掛けて(馬券の券種を買って)
かかるのを待つ

先週がうまくいったからといっても
今週からうまくいくかはわからないので
どこまで勝てるかはわからないけど
あまりやる気を出さずに淡々と上位に来る馬を
選べるように頑張っていきます。

徐々にブログも書いていこうと思いますので
よかったら読んでください。