So-net無料ブログ作成

鳴尾記念、安田記念回顧2019

スポンサードリンク

安田記念の本命インディチャンプが見事に1着になりました。

最強競馬ブログランキングでインディチャンプに本命を打ったのが3人で
私が見事週間MVPになりました。

最強ブログ内の投票では
◎インディチャンプ
〇アーモンドアイ
▲アエロリット

となっており、このブログではアーモンドアイは印に入れてません。
実馬券ではヒモ扱いなのですが最強ブログの投票ではルール上入れるしかなかったのです。

ズルじゃないよ。

では回顧です。



最強競馬ブログランキングへ鳴尾記念からやりましょう。

本命はタニノフランケルで2番手からの競馬で直線では
特に見せ場もなくズルズル後退。

そとからステイフーリッシュがかぶせたあたりで手ごたえが違いますね。
ステイフーリッシュは今回くらいは最低馬場がかかったほうがよさそう。
ズブいのか反応が遅いのか追われれば伸びるけどじわっとなので
速い上り勝負だと厳しそうですね。

冬場に重賞で好走したように馬場が荒れやすい時期のほうが
成績も安定しそうです。
宝塚出れるのかな。出れなくて夏場の重賞に出るなら危険かも

んでタニノフランケルはちょっと力が足りないですね。
直線に入ってからの伸びがないのはこれからもきついのでは。

メールドグラースは楽に勝ったという感じで余裕があったように感じた。
上りも出るしかかる馬場もこなせて意外と万能なのかも
宝塚出るならそこでどこまでやれるか

ギベオンも直線は伸びているがちょっと足りなかった。
もう少し直線の長いコースのほうが良さそう
中日新聞杯と金鯱賞を比べるとかかる馬場のほうが得意なのかな
でもディープ産駒なのだよね。3歳時のほうがスピードに
あふれていたような気がするのだが・・・ズブくなったのか


では安田記念の回顧です。

インディチャンプが3番手から道中4、5番手になり
直線で外に出してアエロリットを差し切って勝利。

正直勝てると思ってなかった。
3着までに入ってくれればいいやぐらいだったのだが

なので馬券がしょぼい

安田記念.jpg

まあ一部ですが三連複を100円分しか当たってないわけです。
アーモンドアイとダノンプレミアムが飛んだらいいなと思って買ったので
儲かってない。

んで、今の東京は完全に内の先行有利になっている。
それは先週のダービーでサートゥルナーリアが負けたことで確信できた

今の東京の馬場差は実力差を覆せる

これは馬券師の人が前から言っていることでもあるので今さらかもしれないが
馬場差は実力差を覆せるということです。

ただこれはかなり強い馬場差がないと実力差を返せないので
頻繁に起こることではないので気付けるとおいしい馬券が取れる可能性が高くなります。

私が実際に実感したのは2011年の秋華賞で
1枠1番のキョウワジャンヌが2着になったレース

この時の京都の芝は内ラチを通らないと上位にこれないくらいの
内有利の馬場だったと思う。

キョウワジャンヌを本命にしたのは覚えているが
馬券が当たったかは覚えてないな
ってことは当たってないかそんなに儲けてないと思われる。

鞍上の飯田も好きだった騎手
地味だが強い馬に乗れば馬券内に持ってきてくれる
人気もしないのでおいしい馬券が取れてたと思う。

話を安田記念に戻しましょう。

ブログでは調教のことを書いていますが
今回は調教の良しあしよりも馬場差が8割ほどで
調教の良さというのは2割かよくても3割ほどだと思う。

それほど東京の馬場が偏っていたということ

アーモンドアイもスタートで不利を受けて後方からにもかかわらず
ほぼ着差のない3着。
この馬は体が柔らかいのか動きが滑らかな気がします。
直線の伸びはすごかった。今回は馬場に泣いたがやはり強い。

マイルでも十分にやれるんだなと思える内容だったと思う。
秋は中距離に戻るのだろうか。凱旋門賞も見たかったけどな




最強競馬ブログランキングへ

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。