So-net無料ブログ作成

函館スプリントS、ユニコーンS回顧2019

スポンサードリンク

今年から降級がなくなったので現4歳馬が
一つ下の条件に出走することができなくなりました。

降級馬がいると人気してしまい馬券にも絡むので
配当が低くなり馬券が買いづらくなってました。

穴党としては降級廃止は歓迎すべきことです。
そうなると3歳馬が条件戦では人気になります。

人気の3歳馬が負けそうなときに馬券的な妙味が出てきそうですね。
人気しないけど実力はある地味な古馬を見つけると高配当が取れそうです。

では函館スプリントSとユニコーンSの回顧です。



最強競馬ブログランキングへ


函館スプリントS ◎ アスターペガサス 2着

出走取り消しが多く7頭という小頭数になった今年
人気になったであろうシュウジとリナーテがいなくなったことで
タワーオブロンドンが単勝1倍台の1番人気

レースはカイザーメランジェが逃げてそのまま1着
2着に2番手追走のアスターペガサス
3着に1番人気のタワーオブロンドンが後方から追い上げてなんとか馬券内に

函館の芝は開幕週らしく前に行く馬に有利の馬場になってました。
それをカイザーメランジェが活かしての勝利

ペースも未勝利と同じくらいのペースで重賞にしては遅い
これもカイザーメランジェ有利になってと思います。

アスターペガサスはちょっと勝負所ですんなりいけなかったのが敗因でしょうか
タワーオブロンドンはさすがに後ろすぎたがそれでも3着まで持ってきたのは
力がある証拠。前走1400mという過程も今回にはマイナスに働いた印象

良馬場の土曜よりは馬場が渋った日曜のほうがややさせる馬場になった
部分もある気もするが重賞での1200mとなればやはり先行、内枠有利になる
今回は前に行ったのが外枠なので内枠の馬は来なかったが馬場の最内を取った
馬が有利になったと思う。


ユニコーンS ◎ ヴァニラアイス 4着

土曜からの雨で不良馬場スタートの東京
日曜には晴れたことで11Rにはダートは重まで回復

レースは逃げたワイドファラオが逃げ切り
2着に差してきたデュープロセスがアタマ差足りず
3着に先行したダンツキャッスル
4着に同じく先行した本命のヴァニラアイス

前有利という予想は間違っていなかったのですが
上りも出ると思ってやや上り重視で予想をしてしまったかなと

デアフルーグも直線で伸びずに惨敗
結果として1600mではなく1800mのスタミナを問われるコースのほうが
良かったのかもしれない。
1600mという距離に加えて重馬場という軽い馬場になったことが敗因か

その軽い馬場の恩恵を受けたのがワイドファラオかもしれない
芝重賞で勝てるだけのスピードがあるのでパワーのいらない
今回の馬場が味方した可能性がある。
種牡馬がヘニーヒューズなのでダート適性があっても不思議ではないが
それでも良馬場のダートでどこまで走れるのか
案外良馬場で惨敗したりするかもしれない

ヴァニラアイスは惜しかった。
2番手から先行したのは理想的だったが最終的にはスタミナ不足かな
ベストは1400mなのだろう
馬場も不良馬場のままでレースをしたかった
そのほうがより先行有利になってと思う。
それでもボロ負けするかなとも思っていたので
ずいぶんと健闘したなという感じ
ペースが速くなったのがよかったのかもしれない
後続の馬が直線で速い上りを出せてないのがそこそこやれた理由だろう



最強競馬ブログランキングへ

スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。